症状に合わせて歯科を選ぶ|歯の治療や病気の予防

白い歯

確認が大切

歯医者

インプラント治療にはいくつかの手順が必要になるため一度の手術では完了せず、大阪でも治療にはある程度の期間がかかります。インプラントは骨に穴を開けて人工の歯を固定するという治療方法なので、大阪の医師では最初に歯の状態や骨の状態をしっかりと確認する作業が行われます。レントゲンなどを利用して内部の状態を細かく確認しますが、それをもとに治療方法を患者と大阪の医師とで相談するのです。インプラントを埋め込むには骨が耐えられる強度を持っていないといけないため、もしも骨が細い人や弱い人であった場合は、骨を補強する手術も行います。どの範囲までインプラントにするのか、どういった手術が必要になるのかで料金も変わるので、大阪の歯医者で事前にしっかり説明を受けて考えましょう。
確認を済ませ、手術内容を決めた後は一次手術を行います。インプラントの土台を骨に埋め込むための手術です。骨に穴を開けると聞くと大がかりな手術を想像する人もいるかもしれませんが、手術は数時間で終了するため入院の必要もありません。局部麻酔を行うため痛みはほとんどないのですが、それでも不安に思う人のために無痛鎮静法などもあります。一次手術の後には土台がしっかりと定着するのを待つために半年近く時間を置く必要があります。人によってこの期間は異なり、三か月で定着することもあります。土台がしっかり定着したら二次手術を行い連結部分を取り付けて、その後人工の歯を付ける手術が行われます。