症状に合わせて歯科を選ぶ|歯の治療や病気の予防

白い歯

詰め物の種類

女性

歯医者で行う虫歯治療は痛くて怖いと考える人は川崎区にも多くいると思いますが、歯医者に行くのが怖いからといって虫歯を放置してしまうとますます悪化してしまいます。初期の状態の虫歯では簡単な治療で治すことができるので、虫歯を見つけたときには早めに歯医者に行くようにしましょう。子供の頃は歯と神経の距離が近いため少しの虫歯でも痛みで気づくことができますが、大人の歯は神経がしっかりと守られていて、初期段階では痛みを感じないことがあります。早めに気づくために歯磨きのときには歯の状態をしっかり確認することが大切です。
虫歯が進行した歯の治療は、川崎区ではかぶせものや詰め物を行います。これらは虫歯によって削れた部分を補うためのものですが、その素材によって特徴が異なります。川崎区でも一般的に扱われてきたものは銀歯です。保険適用が可能なため料金も安いという特徴がある一方、見た目にも目立ち耐久性はそれほどないといわれています。そこで最近川崎区の歯医者でも人気があるのがセラミックを用いた詰め物です。セラミックは銀歯に比べて費用が高くなりますが、見た目も歯と同じ白色なので目立ちにくいです。奥歯などの見えにくい部分では銀歯をしていても目立ちませんが、手前の方の歯では口を開けたときに見えてしまいます。セラミックを用いると見えることを気にせずに食事や会話が楽しめます。また、銀歯の場合金属アレルギーの人は使えませんが、セラミックではそんな人もアレルギー反応が出ないので安心です。